表情はマナーである

表情はマナーである

「実は最初、のがみさんのことを怖そうな人だと思って、話しかけづらかったんです。」

30歳を過ぎたあたりから、新しく知り合った人に後々、こう言われることが多くなりました。

もちろん怖くしているつもりはないので、「なんでだろう?」と思いながらも自分では原因に気づくことができませんでした。
ただその時はちょうど、顔のたるみやしわ、特にへの字口とフェイスラインが四角くなってきていることを気にし始めていた時期だったので、「もしかしたらなにか関係があるのかもしれないな」と思っていました。

そして、そんなタイミングで出合ったのが『美顔率』という表情筋のセルフマッサージ&トレーニングでした。

『美顔率』の本を読み、「表情筋を正しく鍛えることで顔の印象を変えることができる」ということを知り、これはやるしかない!とトレーニングを続けたところ、体重は変わっていないのに、だんだんとフェイスラインがすっきりとし始めました。周りからも痩せたねー!と言われるように。
そして気づけば、への字口も解消され、「怖そうな人だと思ってました」ということも言われなくなっていました。

正しい表情筋の動きを知り、動かし方を変えただけで、相手に与える印象が大きく変わったのです。

自分では普通にしているつもりの顔が、実は相手に怖い印象を与えていた

自分では普通にしているつもりの顔が、実は相手に怖い印象を与えていた

ということに気づき、「これまでなんて失礼なことをしていたのだろう…、初めて出会った方に不要な不安を与えてしまっていたんだ」と申し訳なく思いました。

そしてそれをきっかけに、『表情は一種のマナーである』と考えるようになりました。

「自分のために、周りの大切な人のために、これから出会う人のために…」
皆さんにもぜひ良い表情マナーを身につけていただきたいと思い、ラフェコケットでは、最新のリハビリや心理学などの考え方から開発された『美顔率』というプログラムをお伝えしております。
本を読むだけでは、なかなかわかりづらい個所もあります。
ぜひご一緒に楽しくトレーニングを続けて、素敵な表情、なりたい自分を手に入れましょう!

「なぜ顔が老けるのか」「魅力的な表情について」などもお伝えしております。
まずは体験セミナーにお越しください